後遺障害でお悩みの方へ

交通事故被害にあわれた被害者様、ご家族は、大変な苦労をされていると思います。
特に、後遺障害が残るような大きな事故の場合、後遺障害問題に精通した弁護士への早期相談が重要になります。

後遺障害の認定については、事故直後の検査、定期的な通院、後遺障害診断書作成への医師の協力など、様々なポイントがあります。
検査内容、通院状況、診断書の記載の不備などによって、適切に後遺障害が認定されないおそれもあります。
適切な後遺障害が認定されるか否か、認定された等級は何級かといった点で賠償額が数百万円違うことや時には数千万の違いもでてきます。

そして、後遺障害が関係する場合、医学的な領域が不可分となります。弁護士の業務でも特殊な領域になりますので、後遺障害に関する知識・経験が浅い弁護士が担当してしまうと、被害者の方が適切な後遺障害を受けられない事態もありうるのです。

リーガルプラスでは、経験豊富な弁護士が、千葉エリア(市川、市川、船橋、津田沼、習志野、四街道、佐倉、成田、香取、銚子)と茨城の鹿行エリア(鹿嶋、神栖)の交通事故被害者の後遺障害問題について適切な経済的補償を受けられるよう、全力でサポートいたします。