後遺障害診断書をどのように書いてもらえばいいか?

後遺障害認定のためには、入院・通院先の医師が後遺症害診断書に何を記載するかがとても重要です。 「医者の先生はしっかりと書いてくれるはず。そして診断書をふまえた保険会社の提示は妥当なものだろう」というお考えの方も多いでしょう。
しかしながら、医学的な正しい記載と後遺障害等級の認定とは、重複する部分も多いですが、異なる部分もあります。診断書の記載が適切でない記載になってしまっている場合もあるのです。
診断書に関しては、「医師にどのように記載してもらえば良いかわからない」という方がほとんどだと思います。
後遺障害サポートでは、後遺障害の部位や症状に合わせ、より適切な診断書の記載を医師に協力頂き、適切な後遺障害認定を得られるようサポートしています。