保険会社と徹底抗戦(被害者側専門弁護士)

リーガルプラスでは、『保険会社(加害者)側からの活動依頼』については、全てお断りをしています。

交通事故に詳しい弁護士の中には、保険会社側の弁護士として活動したり、保険会社と顧問関係にある弁護士も多数います。 しかし、被害者側の事件を受任する一方、保険会社側の立場でも活動することは、事故によって立場を使い分けることになってしまいます。私どもは弁護士間で協議し、「交通事故の被害者救済」という信念から、保険会社・加害者側からの依頼は断る方針としました。
保険会社は、裁判基準よりも著しく低い示談提示を当たり前としています。
そのような保険会社と粘り強く交渉し、交通事故被害者が適正な経済的補償を受けることがリーガルプラスの弁護士の信念です。

特に、一般の方にとっては、交通事故の損害賠償の算定根拠、算定計算式は一見して理解できるものではなく、保険会社の言いなりになってしまうリスクが高いのです。
ご依頼者が適正な賠償金を獲得できるよう、被害者側専門で鍛え上げた私どもの知識・経験・ノウハウを活用して欲しいと願っています。
被害者側専門事務所として、被害者側のみのご相談・ご依頼を受けていることが、結果として皆様に評価を頂いております。

リーガルプラスでは、千葉エリア(市川、市川、船橋、津田沼、習志野、四街道、佐倉、成田、香取、銚子)と茨城の鹿行エリア(鹿嶋、神栖)にお住まいの交通事故被害者から、多数のご相談をお受けしています。
交通事故の経験豊富な弁護士が、被害者が適切な経済的補償を受けられるよう、全力でサポートいたします。